保険の勉強25_保険料の増額/減額

0件

保険料増額の場合は、既にに加入している保険の増額や、新たな保険に加入する方法があります。
終身保険は保障が一生涯続いて安心ですが。。
しかし、同じ額の保障を得るための保険料は定期保険に比べて高額になります。
必ず必要となる支出は終身保険で備え、保障額が不足する分のみ、保険料が安価な定期保険を利用すると、保険料の総額を抑えることが可能です。


保険料減額の場合は、以下の方法があります。
1中途減額する
定期保険特約などの死亡保障の一部を解約し保険料を減額します。
保険の一部を解約することになるので、減らした分を元に戻すことはできません。
十分に確認してから実行する必要があります。


2払済保険にする
保険料の払込期間が終わっていないのに支払いを中止して、以後の保険料を支払わない代わりに、保障額を下げることを「払済保険」といいます。
保険を解約せず保障は一部継続し保険料をそれ以上支払わずに済むというメリットがあります。


3新たな保険を契約し、既存の保険を解約する
新たな生命保険に加入と同時に、これまでに加入した保険を解約し、解約返戻金を受け取ります。
新規加入する際は告知書等の申告がある為、健康状態によっては断られる可能性もあります。


“年に一度はお金の整理”

  • -

×