保険の勉強13_公的/企業/私的保障を組み合わせて考える

0件

保険設計の際、考えたいのが公的保障制度です。


日本は、「国民皆保険/年金」の国です。
もしもの事があった場合の補償を全て自分で準備しなくても、公的な社会保険で賄える制度です。
企業に勤めていれば、福利厚生によって医療や年金の助成が受けられる場合があります。
公的な保障からの支給額を確認し、不足分を補うものとして民間の生命保険や医療保険に加入すれば、保険のかけすぎにならずに済みます。


そして自身の貯蓄も重要な備えのひとつです。
このようなに把握しながら設計すると「保険でどのように備えをすべきなのか」が見えてきます。


“年に一度はお金の整理”

  • -

×