保険の勉強32_がん保険に入るべきか

2件

高齢になってくると気になるのが「がん(悪性新生物)」です。
常に日本人の死亡原因のトップに位置しています。
「自分もなるのでは?」と思っている人は少なくないでしょう。


「がん」の特徴といえるのが、「死亡率の高さ」と「高額な治療費」です。
高額な治療費がかかる原因は・・・
治療の長期化
健康保険適用外の治療


一般的ながん治療平均額は100万円ほどと言われています。
さらに先進医療利用だと、年間平均約300万円以上かかります。
(健康保険の適用外となります)
「先進医療を使わなければよいのでは」という考えもあります。
「助かるなら無理してでも治療費を捻出したい」という家族の考えもあるかもしれません。


がんを患った経験者は、漢方薬や食事療法など「がんにいい」といわれるのは何でも試す、という人が少なくありません。
こうしたことも踏まえると、がんへの備えが多すぎて困る、ということはなさそうです。


“年に一度はお金の整理”

  • -

コメント 2件

  • ひとり身なので死んだ後のことは割とどうでもいいので生命保険は入ってませんが、がん保険だけは入ってます。
    生きるための保険として。

  • だらりーまんさん、
    コメントありがとうございます!

    保険加入の目的が生きるための保険なのですね♪
    何のための保険なのか?が明確で素晴らしいと思います。

×