保険の勉強31_告知がある場合

0件

持病がある場合、「ダメでもともと」で、通常の医療保険に何社か申し込みましょう。
その審査結果を見てからでも遅くはないです。


どんな持病や既往症だと加入できないのか?
どんな条件付きなら加入できるのか?
といった引受基準は保険会社ごとに異なります。
詳細は各社とも非公開です。
申し込みをしてみないことにはわかりません。


入院や手術から間もないと「3年間は不担保」といった具合に、一定期間だけ特定の部分のみ保障がつかない場合もあります。
「残された長い年月から見ればたった数年間」と思えるのであれば、「引受基準緩和型」に加入するより保険料は安くすむはずです。


持病があるから「引受基準緩和型」しか加入できないと思い込む。
加入できるならこの際どこでもいいと審査が通ったところに安易に加入する。
というのではなく、妥協せず落ち着いて医療保険を選びましょう。


“年に一度はお金の整理”

  • -

×