アップサイクルって知ってますか?

こんにちは、リズムの執行です!

先日、RYE TENDERというブランドのポップアップイベントにお邪魔してきました!

皆さんは「アップサイクル」という言葉、聞いたことありますか?

昨今、SDGsが話題ですが、アップサイクルはそんなSDGsへの取り組みの1つとして、注目される手段です。

アップサイクルとは、廃棄物や不要品に新たな価値を与えること。

アパレル業界でも、大量生産大量消費などによる廃棄物の問題がここ数年問題視されています。

RYE TENDERは、そんな生産過程で余った残糸・残布を使用したニットブランドです。

余ったもののみを使用しているので、アイテム毎の生産量は少ないのですが、その分高品質なニットアイテムを、手に取りやすい価格で販売しています。余ったとはいえ、元々高品質な素材を使用しているので、その着心地は素晴らしく、また発色の良い色味のものが多いのが特徴です!

今回の秋冬モノの中には、ニッティングのジャケットもあり、非常に面白い作りになっていました!

リズムではリノベーション事業に力を入れていますが、リノベーションも、古くなったものを再生し、新たな価値を与える、という点で、アップサイクルと近いものがあります。

リノベーションの過程で生まれた廃材などを利用して、新たなモノ生み出す、なんてことができれば素敵ですよね!再生からの再生、的な笑

RYE TENDERを立ち上げた方々に、以前お話を聞いた際、「アップサイクルだから買ってくれる、注目されるのも嬉しいけれど、プロダクトそのものの良さを気に入ってもらい、アップサイクルという理由は後付けでも良い」ということを仰っていました。

言葉だけが先行してしまうのは決して悪いことではないですが、何事も、まずは良いモノを作る、良いモノを所持する。そしてたまたま、その延長線上でちょっとでも社会に貢献することができた。それくらいの感覚の方が良いのかもしれませんね。

RYE TENDER、本当にオススメなので興味ある方は是非!
https://ryetender.com/