理事長日記2_就任のきっかけ(後編)

3件

こんにちは!宮島です。
さっそくですが、前回の続きです。

前日に必ず出るよう念押しされた、定期総会。
区民館の貸会議室まで行ってきました。

実際に出てみると、前任の理事長さんも比較的若く(といっても50代くらい?)、他の組合員からの意見にたじたじな様子が印象的でした。
その時の定期総会の議題としては、通常の報告(収支や予算)以外に、ずっと保留となっている「ガス給湯器の設置許可」についてが一番のヒートアップ。
結局、当時の総会でも決まらず、次回に持ち越されることとなりました。
つまり…??

総会後、次回の理事候補(輪番の人たち)が集まって、簡単な引継ぎなどをしました。
その時、ずっと声かけしてくれていたお隣さんが一言、
「実は私、最近入院したりして、体調が良くなくて…ちょっと理事は難しいのよね」

え??
いや、仕方ないですけど…
(心の声)

ありがたいことに、うちのマンションはいい人が多いので、そこで無理強いする人はなし。
輪番なので、当日は参加されていなかった次の輪番の所有者に、管理会社の人が声掛けしてくれることとなりました。

理事長は、規約上理事会での選任となるので、そこでは本決まりではなかったんですが、暗黙の了解で「1番若い人」がなる雰囲気が。
その場では、正式な引継ぎも含めて、初回の理事会の日程を決めました。

そして、初の理事会。
人数も少ないので、管理人室で集まって行いました。
まずは各役割の分担から。

管理会社の担当「ではまず、理事長は…」
全員「・・・」

まあ、そうなりますよねー。
ここが決まらないと先に進まないので、諦めて自ら「よかったら、やりますよ」と言いました。
他の理事、安堵の声。
そこからは、さくさくと副理事長、監事、平理事が決まりました。

「今回の2年間は大規模修繕等の大きな議題はないので、そんなに大変ではないと思いますよー」と管理会社の担当。

どうか、平穏に任期を終えられますように…。

コメント 3件

  • 組合の人間模様が見えて興味津々です(笑)

  • 岡田さん

    個人情報に抵触しない程度に、リアリティー重視でつづっていく予定です(笑)

  • マイホームの総会は自分にふりかかってくる事が多いので
    議題によっては意見が割れそう。。。
    まずは「ガス給湯器の設置許可」の件ですね。

×